ネザードラム

文章と図解でアプローチするドラムブログ

子供用ドラムスティックの選び方 おすすめ3型 後編

近年ではドラムが子供の習い事として浸透し始め、

子供用のドラムスティックの種類も少しずつ増えてきました。

 どのスティックを選べばいいの?

この記事では前編・後編に分けて

ドラム講師である私の視点から

子供用ドラムスティックのおすすめを3型、紹介しています。

 

前編では

身長が~115cmのお子さんにおすすめなドラムスティックについて詳しく書きました。

よければ前編からご覧ください。

netherdrum.hatenablog.com

 

後編では

身長115cm以上のお子さんにおすすめなドラムスティックを紹介します。

 

私のドラムレッスンでは

毎週5~10時間ぐらい、園児や小学生とドラムを叩いて

彼らの様子を見ているうえで、まあまあ参考になる話ができるかと思います。

よければ最後までお付き合いください。

 

(前編)

  • 子供用ドラムスティックおすすめ3型
  • VIC FIRTH VIC-KIDSをレビュー

子供用ドラムスティックおすすめ3型をレビュー

YAMAHA「YCS-JSL」「YCS-JSH」レビュー

 

 

 

こちらの2型はYAMAHAの同シリーズなので、いっしょにレビューします。

多分、アルファベットの

「JS」というのがジュニアスクール

「L」がLOW 低学年

「H」がHIGH 高学年

という意味なのかなと推測します。間違っていたらごめんなさい。

 

私の身近では

息子(8歳)が低学年用モデルを使っていたり、

小学4~6年生の生徒たちが何人か、高学年用モデルを使っています。

 

このスティックを使っている子たちを観察していると…すごく使いやすそうです。

菅沼孝三さんのアドバイスのもと開発されたそうで、

サイズ感がほんとにうまくて、よくできています。

子供の体格を熟知したうえで作られたスティック、だと思います。

 

スティック材として最もメジャーなヒッコリー材

寸法は

YCS-JSL 低学年用が、直径13.0mm×長さ365mm

YCS-JSH 高学年用が、直径13.5mm×長さ385mm

 

サイズ感に関しては

子供らしい短いスティックと、大人が使う一般的なスティック、

この中間を非常にうまくカバーしています。

特に、

高学年用スティックのサイズが絶妙にちょうどよくて、

小学生ドラマーにとっては絶対に必要なサイズだったのに、長らくどのメーカーも作っていなかった、

欲しかったこのサイズをよくぞ作ってくれました!といったところ。

左から

一般的な5A、ヤマハYCS-JSL低学年用、VIC-KIDS

写真にありませんが

YCS-JSH高学年モデルは、5Aと低学年用の中間に入ります。

 

ここで私が提案したいのは、

「低学年用」「高学年用」といったネーミングではありますが

当然、低学年で大きな子もいるし、高学年で小柄な子もいますよね。

1年生で140cmを超える子も

4年生で120cm台の子も実際にいますから、

この記事では

学年ではなく「身長130cm」を低学年用、高学年用のボーダーラインとして考えるのをおすすめします。

 

「身長130cm」の根拠は、

小学生の学年ごとの平均身長について文科省のデータを参照し、

3年生の平均身長と4年生の平均身長、

その間をとったものが、おおよそ130cmでした。

 

130cmはあくまでも目安で

同じ身長でも手の大きさや筋肉量、感じ方などは1人1人違いますから

子供の声を無視して押し付けるのはおすすめしません。

 

それから

子供本人には、「低学年用」とか「高学年用」とか言わなくてもいいかもしれません。

カタログ等には書いてますが、スティック現物には記載されていません。

ひょっとすると

「ボクは4年生なのに低学年用なのか…」みたいなケースに配慮しているのかもしれませんね。

もう1点触れておきたいのは

YAMAHAの文字の上の3本のラインです。

 

ドラムが上達してくると「叩く」練習のほか

スティックの先をタイコの皮に「落とす・弾ませる」といった

やや高度な練習に入っていくのですが

その際、スティックのバランスポイントという位置が重要になります。

 

こちらのスティックではバランスポイントにラインを引いてくれているんです。

「ここを支点にすればうまくできるよ」と子供にわかりやすい。

 

こういう丁寧な設計って

愛があってこそできるモノづくりだと思ったり

作り手の優しさと理念が滲み出てる感が個人的に大好きです。

 

こんなに良いスティックを置いていない楽器店はまだまだあるので

広く普及してもらって

どこでも手軽に買えるスティックになればいいな、と思います。

Pearl 103シリーズもおすすめ

 

あまりにもヤマハの2型をべた褒めしたのですが

少し別のスティックに目を向けると、

もう1ランク太めの直径14mmぐらい、となれば各メーカーから多く市販されています。

ちょっと重く感じるかもしれませんが、お子さんの好みによっては十分使いやすいです。

なかでもPEARLの103シリーズはおすすめです。

Pearlの103シリーズといえば

大人のドラマーも使うサイズながら、その中では小ぶりなスティック。

 

103に関しては同じ寸法のまま、

木の材質が違ったり、表面がツルツルとかザラザラなモデルなど種類が豊富です。

好みに合わせて選べるので、ぜひ楽器店で手に取ってみるのをおすすめします。

まとめ

子供用ドラムスティックのおすすめは…

身長

~115cmなら、VIC FIRTH「VIC-KIDS」

~130cmなら、YAMAHA「YCS-JSL

~150cmなら、YAMAHA「YCS-JSH」 またはPEARL 103シリーズ

 

最後に。

お子さん1人1人の感じ方を無視されませんように。

この記事は

目安の1つとして、参考にしていただけると幸いです。